更新日:2020.02.19

プラチナムボートの予想に自腹で参加した私が総収支を大公開

プラチナムボート
☆☆☆☆☆0.0 なし
(0件)
プラチナムボートのサムネイル画像
  • 総合ランキング 圏外
  • 的中率ランキング 圏外
  • 回収率ランキング 圏外
  • コロガシランキング 圏外
  • 無料予想ランキング 圏外
evaluation_banner

プラチナムボートの予想に自腹で参加した私が総収支を大公開

今回私が自腹で検証するのは・・・

【プラチナムボート】という競艇予想サイト。

ネットサーフィンをしていた時にたまたま見つけたのだが、過去に1度も聞いたことが無いため、とりあえず検索エンジンで調べてみることにした。

プラチナムボートの検索結果画像

既に複数の検証サイトが結果を公表していたが、稼げないという内容が目立つ。

では、プラチナムボートが提供する予想は本当に稼げないのか。

予想に参加して、結論を紐解いていこう。

プラチナムボートの無料予想に参加

プラチナムボートの無料予想は、会員ページの以下の部分をタップすることで確認出来る。

pb-platinum-boat002

無料予想で見込める獲得金は50,000円。

1点1,000円の計8点提供されるようなので、当たれば42,000円以上の利益が見込める。

ぜひとも実現してほしいものだ。

それでは、実際に参加していこう・・・と思ったのだが、12時を回っている段階でも公開されているのは前日の予想だった。

どんな予想なのか。

結果はどうだったのか。

一応観戦という形で、買い目と結果を照らし合わせてみよう。

2020/02/18観戦

前日の予想にも関わらず、公開され続けている買い目はこちら。

2020年2月18日プラチナムボートの買い目画像 日付 2020/02/18
レース 徳山12R
券種 3連単
点数 8点
投資金額 0円
目標金額 50,000円

事前に終わってしまっているレースなので、舟券の購入金額はゼロだ。

買い目は1号艇を軸にした3連単の計8点。

推奨の舟券代は1点1,000円の計8,000円となっている。

それでは出走表を確認してみる。

2020年2月18日徳山12レースの出走表画像

  • 1号艇:石田 政吾(A1)
  • 2号艇:永嶋 裕一(A2)
  • 3号艇:丸岡 正典(A1)
  • 4号艇:田中 太一郎(B1)
  • 5号艇:梶野 学志(A1)
  • 6号艇:大田 直弥(A2)

階級・当地の勝率や枠番などを踏まえると、1号艇石田選手に人気が集まる予感。

後は5号艇の梶野選手を抑えておけばなんとかなりそうだ。

それを踏まえると、プラチナムボートの予想は期待が出来る。

では結果を確認しよう。

2020年2月18日徳山12レースの結果画像

なるほど。やはり当たったな。

この結果が後出しでなければ実力はしっかり認める。

だが、私が予想を確認した段階で既に結果の出ていたレースだった以上、鵜呑みにすることはできない。

次の予想に参加してから結論を出すことにしよう。

プラチナムボートの無料予想に参加(2020/02/19更新)

私が今回参加したのは2020/02/19。

提供された買い目がこちら。

2020年2月19日プラチナムボートの買い目画像 日付 2020/02/19
レース 芦屋12R
券種 3連単
点数 8点
投資金額 8,000円
目標金額 50,000円

今回参加した予想は芦屋競艇場の第12R

1号艇を軸に5号艇を絡めた組み合わせとなっている。

続いて、出走表も確認していく。

芦屋12Rの出走表はこちら

  • 1号艇:久田 敏之(A1)
  • 2号艇:藤丸 光一(A2)
  • 3号艇:平石 和男(A1)
  • 4号艇:飯山 泰(A1)
  • 5号艇:松山 将吾(A1)
  • 6号艇:山田 哲也(A1)

競艇のセオリー通りに予想するなら、1号艇を頭に当地の勝率が高い5号艇を絡めるのは間違いではない。

しかし、前回の観戦レース同様に出走表さえ見れば誰もが買ってしまうような予想ばかりを提供しているように思える。

当たれば文句は無いのだが、どこか解せない気持ちが募る。

では、プラチナムボートの予想は当たるのか。

前回掲載されていた無料予想は後出しでないのか。

レース結果を確認していく。

pb-platinum-boat987

???

まさかのハズレだ。

3連単の配当は235.3倍となったが、プラチナムボートの予想はカスリもしなかった。

この結果から察するに、前日の予想は後出しだった可能性も否めない。

どちらにしても、今回の参加で8,000円のマイナスとなってしまった。

今後も参加していくが現状ではあまりオススメできない予想サイトだ。

プラチナムボートの運営会社について

次に、プラチナムボートの運営会社について調べてみた。

参考にするのは特商法に基づく表記。

プラチナムボートの特商法に基づく表記画像

  • 運営会社名:PLATINUM BOAT運営事務局
  • 運営責任者:石田 麻由美
  • 所在地:東京都板橋区南常盤台1-11-6レフア常盤台101号
  • 電話番号:なし
  • メールアドレス:info@pd-platinum-boat.com

まずは、運営会社名についてだが・・・

PLATINUM BOAT運営事務局という社名のようだ。

最近はもう見慣れたが、本来は株式・有限・合同という表記が一般的。

これでは、会社が存在するという証明になる登記簿への記載ができない。

一体何を意図して運営事務局という記載にしているのだろうか。

続いては所在地について。

記載されている東京都板橋区南常盤台1-11-6レフア常盤台101号を地図検索してみると・・・

プラチナムボートの運営会社所在地画像

表示されたのは、一般居住向けのマンションだった。

プラチナムボートが個人経営の競艇予想サイトなら、マンションの一室で運営していることも納得出来る。

しかし、プラチナムボートは最低24人以上の在籍者がいることは把握済み。

pb-platinum-boat4352

それを踏まえると、マンションの一室でサイトを運営するなど不可能。

適当な住所を記載した可能性は大いにあるだろう。

いずれにしても、どの箇所においても信用するに欠ける記載ばかり。

鵜呑みにするのは危険なようだ。

プラチナムボートのまとめ

プラチナムボートを検証してみた結果。

無料予想の初参加は不的中という結果に終わった。

また、サイト運営陣の詳細についてもなにか隠しているように思える。

とは言っても、予想に参加したのはたった1回のみ。

今後も参加して、更に深く調べていこうと思う。

以上を踏まえ、プラチナムボートを引き続き検証を続けるサイトとして登録する。

予想に参加した際は、更新していくので今後の結果を確認してくれ。

【稼ぎたい人必見】2分でわかる誰でも簡単に稼げる方法を大公開

ここまでで、PLATINUM BOATがスグには結果の望めない競艇予想サイトである事が理解出来たはず。

ということで今回は、PLATINUM BOATを使わなうとも簡単に稼げる方法を紹介しようと思う。

私も実際に使っている方法なので、同じようにすれば月に100万円くらいの利益は容易に手に入るだろう。

まずは下準備から。

こちら3サイトの登録を済ませよう。

続いて使い方。

どれか1つを選ぶ場合・・

・無料予想の成績なら万舟ジャパン
・無料予想の的中率なら競艇サラリーマン
・無料予想の利益なら競艇ロックオンがおすすめ。

しかし、この3サイトを単発で使ってもタイミング次第では、全く稼げない時もあるはず。

そのため・・・

まずは万舟ジャパンの無料予想で着実に資金を増やす。

ある程度増えたら、競艇サラリーマンの無料予想で更に大きく増やす。

そして、最後に競艇ロックオンの無料予想で大きく狙う。

この順序で使い続ければ、ひと月後に100万円以上の利益を獲得することも夢ではない。

だが、もちろん不的中になることもある。

そんな時は焦らず、また万舟ジャパンから始めてみてほしい。

この流れさえ掴んでいれば、深く考えずとも競艇で簡単に稼ぐことができるはずだ。

<万舟ジャパンの公式サイトはこちら>
<競艇サラリーマンの公式サイトはこちら>
<競艇ロックオンの公式サイトはこちら>>

LINE公式アカウントについて

競艇・ボートレース予想総合研究所ではLINE公式アカウントからも情報を提供しています。

主にLINE公式アカウントでは私が日々収集しているデータを参照し、勝率80%以上の条件が整ったレースの無料予想が公開された場合にお知らせしています。

そこをピンポイントで狙い撃ちしていけば、必然的にあなたの勝率も上がっていくでしょう。

現状、私がこれまでにLINE公式アカウントでお伝えした無料予想の的中率は84.2%です。

もちろん、不的中になることもありますが、それでも安定してプラス収支を維持できる水準には十分なっているかと思います。

サイト同様、LINE公式アカウントも全て無料で提供しているので、是非、一度お試しください。

LINEで「@328ojmby」をID検索をするか、以下から友だち追加をお願いしますm(_ _)m

※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。

プラチナムボートの口コミ

コメントはありません。

プラチナムボートに口コミを投稿する

必須