header_logo

丸亀競艇場の明日から使える予想ポイント・コツを紹介

今回は競艇開催場の1つである【丸亀競艇場】について紹介する。

2018年11月29日から丸亀競艇場では「G3オールレディースmimika賞」が開催される。

SGやG1だけじゃないのが丸亀競艇場。G3だろうとG2だろうと一線級の選手が集うので、注目せずにはいられないだろう。

さて、グレードレースともなれば混戦必須となり予想も難しくなる。予想の前にまずは開催場の特徴やポイントは抑えたいところ。

競艇場は全国のあらゆる場所に存在するが、各開催場で波やコースによる特徴があるので、予想の際には重要となる部分。

例えばびわこ競艇場はインコースの勝率が最も低く、逆に大村競艇場は最も強いなど…etc

特徴を把握していたからこそ勝てるレースもあれば、特徴を把握していなかったが故に不的中となるレースもあると考えればポイントは抑えておいて損はない。

という事で丸亀競艇場の明日から使える予想のコツや抑えておきたいポイントを徹底的に紹介していく。

是非最後まで目を通してもらいたい。

丸亀競艇場の特徴

丸亀競艇場の主な特徴は・・・。

  • 水質は海水
  • 基本的にインコース有利
  • 潮の満ち引きが結果に影響
  • 季節風の影響がある
  • 一般戦は番組表によって結果が異なる

ざっと簡単に特徴をまとめるとこんな感じ。

丸亀競艇場は丸亀港に位置する競艇場で水質は海水となっている。

開催時間は主にナイター開催となっている。従って、気温が下がってモーターの回転数が高くなる。

回転数が高くなるとモーターの出足が良くなるため、インコースが有利という傾向になる。

基本はインコース有利とはなっているが、それは潮が満ちている時間の話し。

潮が満ちている間は海水特有のうねりが発生し、水面が不安定となる。水面が不安定となれば全速でターンするのは難しい。

そのため、インコースの逃げ・差しでの決着で決まる事が多いのが丸亀競艇場の特徴だ。

これが、潮が引いた状態になると状況は一変し、アウトコースのまくり勢にチャンスがまわってくる。

潮が引けば、うねりが少なくなりアウトコース勢は思い切ってコーナーを旋回できる。

そうなる事で、3〜5号艇の勝率が高くなる。これが丸亀競艇場の面白さの1つであり、インコースだけでなく、潮の満ち引きで色とりどりの舟が1着となる。

1日で堅い決着ばかりでなく、万舟券もよく飛び出すとして競艇ファンの中でも有名なようだ。

選手間でも思い切った旋回で充分勝利が狙えるとして好評みたい。

また、季節風も結果を左右する1つのキーパーソンとなっている。

風向きは1年を通して北からの向かい風、特に冬場は、ひときわ風が強い。

しかし、天候の変り目は、時折追い風が吹いて状況が一変する。特に干潮時の向かい風であればまくりが決まる率が高くなる。

その逆で満潮時の追い風であれば差しが決まる可能性が高くなるのだ。

番組表に関しては、インコースが強い丸亀競艇場を考慮している。

インコースと2コース(壁役)に強豪選手が入るとオッズが極端に偏るため、一般戦では番組の編成者が配慮してインコースに強い選手が固まらないようにしているのだ。

ここまでの特徴を踏まえた上で、予想の指標を立てるのが良いだろう。

以上の事から、今後丸亀競艇場のレースを予想する時のポイントは・・・。

  • 基本はインコース有利
  • 潮が引いてる時はアウトコースのまくり注意
  • 干潮時の向かい風もまくりが強い
  • 一般戦は番組表に注意

この3点を頭に入れておくだけでも結果は変わってくるだろう。

丸亀競艇場のコース別成績

丸亀競艇場の特徴は把握してもらったと思うが、ここからはコース別の成績をグレード別・天候別と合わせて見ていく。

今回記載するデータは2017年7月1日〜2018年6月30日までの1年間。

・コース別成績(総合)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 2284 53.2% 71.4% 80.6%
2号艇 2279 14.5% 37.6% 55.4%
3号艇 2284 12.4% 31.4% 51.0%
4号艇 2280 10.7% 30.2% 50.4%
5号艇 2280 6.9% 19.9% 37.7%
6号艇 2262 2.5% 10.3% 26.2%

・コース別成績(SG・G1・G2)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 216 62.5% 80.0% 86.5%
2号艇 216 6.4% 30.5% 44.9%
3号艇 216 12.5% 27.7% 51.8%
4号艇 215 9.7% 30.7% 46.5%
5号艇 214 7.0% 20.0% 39.2%
6号艇 216 1.8% 11.1% 31.4%

・コース別成績(雨・雪)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 199 52.2% 68.3% 78.8%
2号艇 199 14.0% 36.1% 55.7%
3号艇 198 14.6% 34.8% 52.0%
4号艇 199 7.5% 26.6% 46.2%
5号艇 199 9.5% 24.1% 40.2%
6号艇 199 2.0% 10.0% 27.6%

・コース別成績(風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 236 47.0% 67.8% 77.9%
2号艇 232 14.6% 31.4% 48.7%
3号艇 235 14.8% 35.7% 54.0%
4号艇 237 14.7% 35.4% 56.1%
5号艇 238 6.3% 21.8% 41.1%
6号艇 232 3.4% 9.9% 25.4%

やはりインコース有利とあって1号艇の勝率が軒並み高くなっている。

SGなどのグレードの高いレースともなれば1号艇の勝率は62.5%となり、3着内率も80%を有に超えている。

今回はSGではなくG3だがこのデータは多少なりとも、今回のオールレディースmimika賞の予想の参考にできるだろう。

1号艇有利である事に変わりはないが、実は丸亀競艇場の3〜5号艇の勝率も実は全国の競艇場基準で考えると高くなっているのだ。

特に風の強い日はデータを見てもわかる通り、1号艇の勝率は5割を切る。

そこで台頭してくるのが2号艇〜5号艇。

特にデータとして見るとわかるのが4号艇の勝率。通常時では10%前後に落ち着いているが、風が強い日は5%近く勝率が上がっている。

これは干潮時と風が合わさり、アウトコースのまくりが非常に決まりやすくなる事が要因と言える。

雨や雪の日に関しては2号艇・3号艇の勝率の高さも光るが、注目してもらいたいのは5号艇だ。

分母が少ないとはいえ、平均的に考えれば舟券に絡む3着内率までの%が高い事がわかる。

となれば、雨・雪の時は5号艇が波乱の立役者になるケースが多いと考えておくと良いだろう。

もちろん毎回データ通りとはいかないが、こういったデータを考慮する事で手に入れる事ができる的中もあると思ってほしい。

レースグレードなどは多少関係するだろうが、上記で伝えた内容を頭に入れておく事をオススメする。

丸亀競艇場を得意とする競艇予想サイト

さて、ここまで予想のコツや抑えておきたいポイントを話してきたが、最後に丸亀競艇場で好成績を残している競艇予想サイトを紹介したいと思う。

自分の予想でも舟券の購入はもちろんするのだけども、自分の予想だけではなかなか簡単にプラスにできない。

特にSG競争やG1ともなると、混戦で予想の難易度は更に上る。

毎回とはいかないが、予想でうまくいかない時は競艇予想サイトの買い目を参考にしたり、買い目をそのまま購入している。

もちろんそれだけで全勝になったりする訳ではないが、それでも勝率・回収率共に上がる事は間違いない。

そんな中で特に丸亀競艇場を得意としているビクトリーロードエキサイトボートには今回のG3オールレディースmimika賞の予想にも期待している。

・ビクトリーロードの結果

コース 参加回数 勝敗 的中率 回収金額
無料予想 11回 7勝4敗 63% 527,450円
有料予想 4回 3勝1敗 75% 689,170円

参加率が高い中で無料・有料どちらでもしっかりと利益を出している。

ここのところ無料予想では連勝中なので、期待も持てそうだ。

15戦10勝5敗・収支121万6620円・回収率405%という数字。

・エキサイトボートの結果

コース 参加回数 勝敗 的中率 回収金額
無料予想 10回 4勝6敗 40% 417,230円
有料予想 4回 2勝2敗 50% 984,500円

エキサイトボートの場合、負け越しではあるが、回収率で見ればプラスなので、特に文句が出るほどではない。

14戦6勝8敗・収支140万1730円・回収率389%という結果。

どちらも堅実に結果を残しているので、どちらのサイトでも稼げると思っておいて良い。

安定した的中率で稼ぐならビクトリーロード、1発で高い配当を狙うならエキサイトボートと使い分けも良さそうだ。

今回のG3オールレディースmimika賞も予想が提供されれば充分期待が持てる。開催まで期間があるので、無料予想を観戦して精度を確かめるのも1つの策としてありだろう。

私はこの2サイトをおすすめしたい。