平和島競艇場の予想の仕方・ポイント・コツを紹介

今回は競艇開催場の1つである【平和島競艇場】について紹介しよう。

はじめに、平和島競艇場は・・・予想の難易度が高い上級者向けの競艇場と言われている。

選手の特徴や成績だけではなく、平和島競艇場ならではの特徴が予想の要となるのだが、何も知らず舟券を購入すれば、いつのまにか「お金が無くなった・・・」となるだろう。

ということで、平和島競艇場のコツ・抑えておきたいポイント・舟券の狙い方など徹底的に紹介していく。

平和島競艇場で負けたくない方々は是非最後まで目を通しておいて欲しい。

平和島競艇場の特徴

平和島競艇場の主な特徴は・・・。

  • 1コースの1着率が全国で2番目に低い
  • 斜行禁止
  • ビル間を吹き抜ける強風

まずは、1コースの1着率が全国で2番目に低い件について。

どれくらい低いのかデータを表にまとめてみた。

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 2250 44.2% 62.0% 73.6%
2コース 2248 16.9% 39.8% 57.3%
3コース 2243 14.0% 34.3% 53.2%
4コース 2243 14.4% 31.2% 50.4%
5コース 2247 7.9% 22.3% 39.7%
6コース 2225 2.8% 27.0% 27.0%

上記は2018年7月1日〜2019年6月30日の1年間の統計結果。

今まで平和島競艇場が全国で1コースの1着率が最下位と言われていたが、この1年で少し変わったようだ。

それでも1着率44.2%はかなり低いと言える。

勝率の高い競艇場では60%程の数値を叩き出していることから、比べるとかなりの差がある。

たかが15%と言えども、確率とは少し意味合いが変わるのでイン進入しやすい1号艇を軸に考えるのは危険だ。

この勝率を下げる1つの要因となっているのが、2つ目に挙げた特徴である斜行禁止が関係している。

通常第1ターンマークを先に回った選手は、優位を守ろうと後続艇の進路をブロックするように斜めに走る。

しかし、平和島に関しては斜行について厳しく指導している。

そのため、内のスペースを狙った差し狙いの選手に有利に働く。

バックストレッチ(正面スタンドの反対側)ですんなり内側を走れる事になり、第2ターンマークで逆転する展開のレースもよく見られる。

上記の特性によって、ボートレースでは珍しい最終ターンでの逆転劇が起こるのが平和島競艇場。

続いて強風。

平和島競艇場の付近はマンションに囲まれているため、マンション間を通り抜ける風が強風となる。

周囲に障害物が無い競艇場とはまた違う風が吹くので、選手間では苦労しているようだ。

春先から夏場にかけては追い風、冬場は強い向かい風、それに加え隙間風はさすがにベテラン選手でも読めないだろう。

このように平和島競艇場は特徴のクセがかなり強い。

競艇=1コースが強い、インコースが有利、クラスが高い選手が強いという概念は持たないように。

勝つためには競艇場の特徴をしっかり捉えなければいけない。

では、平和島競艇場で勝負するには何を重視すればいいのか・・・。

過去のデータを参考にして詳しく調べてみよう。

平和島競艇場のコース別成績で予想してみる

平和島競艇場で何より問題なのが特殊な風。どこまで影響が出ているのか向かい風6m以上と追い風6m以上のデータをまとめてみた。

今回記載するデータは2018年7月1日〜2019年6月30日までの1年間。

・コース別成績(向かい風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 210 39.0% 56.1% 69.5%
2コース 211 15.6% 36.4% 52.1%
3コース 208 16.8% 37.5% 50.9%
4コース 209 13.8% 33.0% 56.4%
5コース 211 11.3% 24.1% 40.2%
6コース 207 3.8% 14.0% 32.8%

・コース別成績(追い風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 443 42.6% 65.6% 76.3%
2コース 443 19.6% 39.0% 55.3%
3コース 443 14.4% 33.4% 54.1%
4コース 444 12.6% 29.7% 47.0%
5コース 442 8.1% 21.4% 42.5%
6コース 441 2.7% 11.1% 25.4%

追い風も向かい風、どちらも低いデータが出ていた。

特に気になるのが、追い風時の1コースの1着率が40%を下回り、3連対率が近い数値になった。

ここまで風の影響があると思うと、相当ビルの隙間風が選手を苦しめているのが分かる。

強風時は更に予想が困難になるということだな。

と・・・ここまでが平和島競艇の特徴であり、参考に予想をすれば通常よりは稼げるだろう。

ぜひ、特徴を生かして有意義な予想ライフを楽しんでくれ。

平和島競艇の予想方法を大公開

ここからは、特徴を基に予想をしても中々当たらない人だけみてくれ。

はじめに結論を言ってしまうが・・・競艇場の特徴を生かした予想をしても当たる確率はかなり低い。

なぜそんなことがいい切れるのか??

それは、私が既に経験しているからだ。

平和島競艇の特徴を知った時、これなら稼げると思い何度も特徴を生かした予想をしていた。

もちろん結果は大惨敗。

なぜ特徴を基に予想をしても稼げないのか必死に考えた。

だが、答えは意外と簡単なところに・・・・

そう。平和島競艇の大きな特徴は風に影響されることだが、風向きや風速・風力は秒単位で変わり続けてしまう。

予想するレースのタイミングで、風向きや風速・風量を完全一致させるなど常人では不可能に近いだろう。

そのことから、特徴を生かしても当たる予想ができないのだ。

だが、同時に突破口も見つけることに成功した。

それは、競艇予想サイト花舟に頼ること!!

まずはこちらを見てもらおう。

3月17日平和島11Rの的中画像

これは、3月17日に平和島競艇で開催されたボートレースクラシック(G1)の結果画像だ。

予想をしたのは11Rだが、人気の中心である1号艇の白井選手が2マークで接触したことにより5着と大敗。

スタートから調子の良かった2号艇原田選手が勝利するというレースになった。

3連単の配当は・・・178.4倍の万舟で535,200円の払戻金を得ることに成功した。

マジかよ!!!って思うだろう。

私自身も目を疑ったからなw

だが、花舟の予想に乗ればこんな結果もザラに体験できるのだ。

もちろん、平和島競艇以外の予想でもしっかり利益を獲得できるが、平和島競艇だけは別格と言えるだろう。

ここまで知っても

  • 自分で予想したい
  • ただ好きな選手を応援したいだけ
  • 競艇はお金稼ぎじゃない

なんて思っている人はそのまま我流の予想をし続ければいいと思う。

ただ、ここまで平和島競艇に特化した稼げる方法も中々ないので、よければ参考にしてくれ。