下関競艇の予想の仕方・ポイント・コツを紹介

今回は競艇開催場の1つである【下関競艇場】について紹介する。

下関競艇は山口県下関市にある競艇場で、ナイターレース専門の開催場となる。

そんな下関競艇は、競艇ユーザーの中で「出来ることなら勝負したくない」と言われるほど予想の難しい競艇場だ。

競艇の予想をカジッたくらいでは話にならないレベルなので、ちょっと遊んでみる程度の気持ちで勝負をしても負けるのがオチだ。

そんな下関競艇では、2020年9月14日〜18日の期間で

一般戦の「オラレ下関オープン6周年記念 山口ヤクルト杯」が開催される。

このレースで勝利したいという方のために、ここでは下関競艇を攻略するために必要なこと。

加えて、山口ヤクルト杯で活躍が期待できる選手も紹介していく。

5分もあれば読み切れるので、下関競艇を攻略したい方は是非最後までご覧いただきたい。

【一般】オラレ下関オープン6周年記念「ヤクルト杯」の出場選手について

下関競艇の特徴を抑える前に、まずはヤクルト杯(一般)に出場する選手を確認していく。

今回のヤクルト杯に出走予定の選手は以下の45名だ。

下関競艇 ヤクルト杯出場選手画像

今回下関競艇で開催されるヤクルト杯は一般戦。

ベテラン選手からルーキーが出走するだけでなく、男性・女性が混合しているレースだ。

仮に予想するなら、男性且つ、階級が高い選手を軸にするのがセオリーだろう。

しかし、それで勝率が上がるのなら誰も苦労はしていない。

下関競艇ならではの特徴や、選手と開催場の相性など。

更には当日の天候や競艇場のコンディション次第でレース結果は大きく左右される。

勝率を上げるためには、まずは下関競艇の特徴や天候による傾向を理解する必要がある。

それを踏まえた上で、ヤクルト杯で活躍が期待できる選手も紹介していくので参考にしてくれ。

下関競艇の特徴について

では下関競艇の特徴を確認していこう。

下関競艇の主な特徴は3点。

  • インコースの有利が目立つ
  • 横風がレースを大きく左右する
  • 悪天候だと4コースの勝率が高い

まずは「インコースの有利」について。

ken1200

下関競艇場はスタート地点から第2ターンマークまでの距離が173mと他の競艇と比べて長く、インコースが主導権を握りやすくなるため、他の競艇場と比べて「インコースが有利」な競艇場と言われている。

現に、下関競艇で開催された過去1年間のレース結果を見てみると、その勝率や連対率の高さは明らかだ。

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 2163 57.6% 74.9% 84.0%
2号艇 2158 13.4% 37.8% 58.4%
3号艇 2159 10.9% 33.5% 53.4%
4号艇 2160 10.7% 29.7% 51.6%
5号艇 2157 5.1% 16.1% 32.7%
6号艇 2145 2.4% 8.5% 20.9%

競艇はインコースがとても有利な競技として有名なので「そんなの当たり前だろ」と思う方もいるだろう。

しかし、平和島競艇や桐生競艇のようにインコースの勝率が低く安定しない競艇場もあるので。

競艇=インコースが強い。

なんて固定観念は捨てて、その競艇場にあった予想をしないと勝率は上がらない。

ということだ。

では、なぜ、下関競艇のインコースは安定しているのに、競艇ユーザーは出来ることなら勝負したくない、と思っているのか。

その理由は下関競艇が「風の影響をモロに受ける競艇場」だからだ。

下関競艇の水面は海水のため、気候に変化がなく安定した水面をキープしているなら特に問題はないのだが。

大潮の時間帯や満潮になると海水の流入でうねりが生じ、水面は一転して荒れ模様となる。

うねりが出るとまくりは効きづらく、波が高くなればインコースは安定しない。

これが下関競艇は「出来ることなら勝負したくない」に繋がっているわけだ。

では、何を重視すれば下関競艇の勝率は上がるのか・・・。

下関競艇の特徴を頭に入れた上で過去のデータを参考にもう少し詳しく調べてみよう。

下関競艇場のコース別成績で予想してみる

ここからは2018年01月1日〜2018年12月31日までの1年間の結果を参考にした、天候別の成績を基にしてみよう。

・コース別成績(雨・雪)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 364 56.5% 76.1% 84.8%
2号艇 362 13.2% 38.9% 59.3%
3号艇 361 12.7% 34.6% 55.4%
4号艇 362 10.5% 32.0% 55.2%
5号艇 361 3.8% 11.3% 26.5%
6号艇 359 3.3% 8.0% 20.0%

・コース別成績(風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 60 40.0% 66.6% 76.6%
2コース 61 9.8% 44.2% 70.4%
3コース 60 15.0% 30.0% 46.6%
4コース 61 24.5% 39.3% 52.4%
5コース 60 10.0% 18.3% 36.6%
6コース 61 1.6% 3.2% 19.6%

ここで最も気になったのは、コンディションが悪くなるほど「4コースの勝率が高くなる」ということだ。

少し天気が悪いくらいじゃ1コースの勝率に影響はないが、風速6mになると1コースの勝率は40%まで下がり、4コースの勝率は24%と破格の数値を叩き出している。

連対率で見ると52.4%。

約2回に1回は舟券に絡む計算になる訳だ。

悪天候なら一波乱ある。

水面が平穏なら安定した1コースで狙って、風が強くコンディションが悪いなら4コースを絡めれば良い。

その時、その状況に応じて選出艇を変えることが下関を攻略するための第一歩だ。

とはいえ、天候や水面を個人が把握するのはどうしても限界がある。

そこで、競艇・ボートレース予想総合研究所がオラレ下関オープン6周年記念「ヤクルト杯」で活躍が期待できる選手を特別に公開する。

【必見!】オラレ下関オープン6周年記念「ヤクルト杯」で注目するべき選手はこの人!

下関競艇特徴を抑えたが、いくらヤクルト杯が一般戦とはいえ、下関競艇場で開催されるとなれば一波乱は免れない。

そこで、ヤクルト杯で活躍が期待できる選手をピックアップする。

まずは一人目。

ズバリ・・・大峯豊選手だ。

大峯豊 選手画像

大峯豊選手は山口支部に所属しており、下関競艇で練習を重ねてきた豊富な経験を持つ。

5枠までの連対率は75%以上あり、実力は他の選手と比べても安定しているのが強みだ。

間違いなく下関競艇を予想する上で抑えておくべき選手なので、是非覚えておいてくれ。

続いて二人目を紹介しよう。

真庭明志選手だ。

下関競艇 真庭明志選手画像

真庭明志選手はA2級の選手。

大峯選手と比べても階級は劣っているし、地元選手ではないので「本当に活躍できるの?」と思う方もいるだろう。

しかし、真庭選手を選んだのには理由がある。

まずはこちらを見てくれ。

※2020年7月26日〜7月31日【九州スポーツ杯争奪戦】

日付 7月26日 7月27日 7月28日 7月29日 7月30日 7月31日
出走レース 4R・10R 8R 4R・10R 3R・11R 1R・9R 3R・11R
2枠・6枠 4枠 5枠・1枠 3枠・5枠 1枠・3枠 6枠・1枠
ST .20・.16 .20 .14・.12 .08・.11 .18・.31 .07・.14
着順 1位・2位 5位 1位・1位 3位・3位 3位・3位 2位・4位

こちらは真庭選手が2020年7月、下関競艇で残した成績だ。

連対率は81%。高い確率で舟券に絡む結果を残している。

ちなみにこの九州スポーツ杯に出場したA1選手の中でも、真庭選手同等に舟券に絡む結果を残したのはごくわずかだった。

A2級と階級では劣るが、下関競艇にしっかり対応している選手というわけだ。

下関競艇で予想する際は真庭選手も抑えておくと良いだろう。

とはいえ、これは下関競艇が一般公開しているVパワーと同じように、過去の成績や結果を基に算出した予想でしかない。

たとえVパワーや上記2選手を抑えても、勝率を安定させるには限界がある。

そこで・・・。

  • 競艇関係者とのつながりを持っている
  • 個人ではなく、組織で予想を生業にしている
  • 下関競艇の予想が得意

この3つを兼ね備えた競艇予想サイトの情報を利用すれば、更に的中率・回収率は安定するだろう。

自分で予想したい方でも、プロの予想を保険に使うだけで収支を安定させつつ楽しむことができる。

まさに一石二鳥というわけだ。

しかし、その辺の競艇予想サイトを使ったとしても結果に繋がる保証は1ミリもない。

そこで、特別に私が検証を重ねてきた、最も下関競艇で勝率の高い予想サイトを教える。

その名も・・・VMAXだ。

まずはVMAXが直近で残してきた結果を見てくれ。

  • 2020年05月27日
  • 下関02R
  • 三連単 1-4-2 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:15,900円
  • 回収率:198.8%
  • 2020年05月15日
  • 下関04R
  • 三連単 2-1-6 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:20,200円
  • 回収率:252.5%
  • 2020年04月15日
  • 下関08R
  • 三連単 6-4-2 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:75,200円
  • 回収率:940%
  • 2020年04月01日
  • 下関06R
  • 三連単 3-4-5 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:44,000円
  • 回収率:550%
コース 参加回数 勝敗 的中率 回収金額
無料予想 4回 4勝0敗 100% 123,300円

2019年はかなりの的中があったが、2020年に入ってもその力は衰えを知らない。

なにより、これはすべて無料予想のみの結果だ。

舟券代しか掛かっていないのにこれだけのプラス収支。

利用せず個人で勝負するのは非常にもったいないと言える。

自分で予想をする上で、VMAXが公開した無料予想を参考にすれば、おのずと勝率は変わってくるはずだ。

登録も無料なので、是非下関競艇を攻略するために活用してくれ。

>VMAXの検証レポはこちら

>VMAXの公式サイトはこちら