header_logo

下関競艇の予想の仕方・ポイント・コツを紹介

今回は競艇開催場の1つである【下関競艇場】について紹介する。

下関競艇は山口県下関市にある競艇場でナイターレース専門の開催場となる。

そんな下関競艇は、競艇ユーザーの中で「出来ることなら勝負したくない。

予想の難しい競艇場と言われている。

競艇を嗜むくらいじゃ話にならないレベルなので、ちょっと遊んでみる程度の気持ちで勝負をしても負けるのがオチ。

あまりにも当たらず熱くなって気がついたら「お財布にお金が・・・」

なんてことも充分に考えられる。

そうならない為にも、明日から使える予想のコツや抑えておきたいポイントを紹介するので、下関競艇で勝つために是非とも参考にしてほしい。

下関競艇の特徴について

下関競艇の主な特徴は・・・。

  • インコースの有利が目立つ
  • 横風がレースを大きく左右する
  • 悪天候だと4コースの勝率が高い

まずは「インコースの有利」について。

ken1200

下関競艇場はスタート地点から第2ターンマークまでの距離が173mと他の競艇と比べて長く、インコースが主導権を握りやすくなるため、他の競艇場と比べて「インコースが有利」な競艇場と言われている。

現に、下関競艇で開催された過去1年間のレース結果を見てみると、その勝率や連対率の高さは明らかだ。

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 2163 57.6% 74.9% 84.0%
2号艇 2158 13.4% 37.8% 58.4%
3号艇 2159 10.9% 33.5% 53.4%
4号艇 2160 10.7% 29.7% 51.6%
5号艇 2157 5.1% 16.1% 32.7%
6号艇 2145 2.4% 8.5% 20.9%

競艇はインコースがとても有利な競技として有名なので「そんなの当たり前だろ」と思う方もいるだろう。

しかし、平和島競艇や桐生競艇のようにインコースの勝率が低く安定しない競艇場もあるので。

競艇=インコースが強い。

なんて固定観念は捨てて、その競艇場にあった予想をしないと勝率は上がらない。

ということだ。

では、なぜ、下関競艇のインコースは安定しているのに、競艇ユーザーは出来ることなら勝負したくない、と思っているのか。

その理由は下関競艇が「風の影響をモロに受ける競艇場」だからだ。

下関競艇の水面は海水のため、気候に変化がなく安定した水面をキープしているなら特に問題はないのだが。

大潮の時間帯や満潮になると海水の流入でうねりが生じ、水面は一転して荒れ模様となる。

うねりが出るとまくりは効きづらく、波が高くなればインコースは安定しない。

これが下関競艇は「出来ることなら勝負したくない」に繋がっているわけだ。

では、何を重視すれば下関競艇の勝率は上がるのか・・・。

下関競艇の特徴を頭に入れた上で過去のデータを参考にもう少し詳しく調べてみよう。

下関競艇場のコース別成績で予想してみる

ここからは2018年01月1日〜2018年12月31日までの1年間の結果を参考にした、天候別の成績を基にしてみよう。

・コース別成績(雨・雪)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 364 56.5% 76.1% 84.8%
2号艇 362 13.2% 38.9% 59.3%
3号艇 361 12.7% 34.6% 55.4%
4号艇 362 10.5% 32.0% 55.2%
5号艇 361 3.8% 11.3% 26.5%
6号艇 359 3.3% 8.0% 20.0%

・コース別成績(風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 60 40.0% 66.6% 76.6%
2コース 61 9.8% 44.2% 70.4%
3コース 60 15.0% 30.0% 46.6%
4コース 61 24.5% 39.3% 52.4%
5コース 60 10.0% 18.3% 36.6%
6コース 61 1.6% 3.2% 19.6%

ここで最も気になったのは、コンディションが悪くなるほど「4コースの勝率が高くなる」ということだ。

少し天気が悪いくらいじゃ1コースの勝率に影響はないが、風速6mになると1コースの勝率は40%まで下がり、4コースの勝率は24%と破格の数値を叩き出している。

連対率で見ると52.4%。

約2回に1回は舟券に絡む計算になる訳だ。

悪天候なら一波乱ある。

水面が平穏なら安定した1コースで狙って、風が強くコンディションが悪いなら4コースを絡めれば良い。

その時、その状況に応じて選出艇を変えれば結果は自ずと見えてくるだろう。

参考するかしないかはアナタの自由なので、もし気になった人はぜひ参考にしてくれ。

下関競艇のまとめ

最後まで目を通してくれてありがとう。

ここまでを参考に予想をしてくれれば、稼げる未来は開けてくるはず。

とはいっても、私は参考にして予想をしているがあまり良い結果には結びつかなかった。

一体なぜなのか・・・・

考えていると1つの答えにたどり着いた。

答えは・・1コース以外の予想ができないこと。

1コースが勝ちそうだな!と思うレースを見極めることはできても、他のコースの動きが予測できなければ買い目は広くなるばかり。

的中しても配当は安いし、最悪の場合はトリガミになるので、非常に効率が悪く全く安定しない。

では、特徴を知っても当たらない下関競艇で、しっかり稼ぐ方法は何なのか。

これは私が実践している方法なのだが・・・

予想サイトを使えばいい。

ちなみに、下関競艇の予想に特化しているサイトは・・・

トリプルタイムだ。

まずはコレを見てくれ。

  • 2020年03月16日
  • 下関03R
  • 三連単 1-3-2 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:19,400円
  • 回収率:242.5%
  • 2020年02月04日
  • 下関03R
  • 三連単 1-2-6 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:39,100円
  • 回収率:488.8%
  • 2019年12月24日
  • 下関04R
  • 三連単 2-1-4 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:43,000円
  • 回収率:537.5%
  • 2019年12月11日
  • 下関04R
  • 三連単 3-1-4 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:24,800円
  • 回収率:310.0%
  • 2019年11月13日
  • 下関04R
  • 三連単 1-5-2 買い目
  • 舟券代:8,000円
  • 払戻金:20,400円
  • 回収率:255%
コース 参加回数 勝敗 的中率 回収金額
無料予想 5回 5勝0敗 100% 106,700円

→トリプルタイムの検証記事はこちら

2019年はかなりの的中があったが、2020年に入ってもその力は衰えを知らない。

なにより、これはすべて無料予想のみの結果だ。

舟券代しか掛かっていないのにこれだけのプラス収支に文句を言う人はなかなかいないだろう。

mXk0wWVLxVojeU8a4PnY1585811496-1585811625

加えて、トリプルタイムは下関競艇以外の予想でも結果を残している。

別開催場でのレースに参戦する場合も強い味方になってくれるので、今回を機に1度参加してみることをオススメする。