header_logo

尼崎競艇の予想の仕方・ポイント・コツを紹介

今回は競艇開催場の1つである【尼崎競艇場】について紹介する。

まず初めに尼崎競艇では、3月26日〜31日の期間で「尼崎センプルカップG1」が開催される。

センプルカップのキャンペーン画像

そんな尼崎競艇では、ファンの間から選手泣かせの競艇場と噂されている。

要因はたくさんあるのだが、中でも選手の力だけでなく搭載モーターによって勝敗が左右する点は大いに関係あるだろう。

それを踏まえて、モーターやボートの良し悪しに加え、尼崎競艇場ならではの特徴を紹介していく。

尼崎競艇場で勝負する方々は是非とも参考にしてもらいたい。

尼崎競艇場の特徴について

尼崎競艇場の主な特徴は・・・。

  • 基本的にはインコースが有利
  • アウトコースの連対率が高い
  • モーターが大事

まずは水面特性について。

尼崎競艇場は土地改良を行うために作られた人工池(プール)となっている為、水質は淡水で硬め。

全国屈指の静水面としても名を馳せている。

また、あらゆる決まり手を駆使して勝ちにいく選手が多く、スピード感溢れるダイナミックなレースが数多く見られるのも尼崎競艇場の特徴だ。

一見、静水面というと、癖がないぶん1号艇が有利と思える。

しかし尼崎競艇場はある条件により、必ずしも1号艇が有利とは言えない。

その要因が「」である。

尼崎競艇場の夏場は甲子園の浜風・冬場は六甲おろしなどによって強い向かい風が吹く。

競艇のセオリーでは基本的には1号艇を含むインコースが有利だが。

向かい風が強く吹くとなるとスロー勢の立ち上がりが鈍くなり、ダッシュ勢であるセンターから「アウトコースの選手が優位」となる。

加えて、尼崎競艇場は第一ターンマークの対岸が広い設計。

センターからアウト勢にとって対岸の広い第一ターンマークは、思い切ったターンが展開でき、全速まくり、全速差しという展開も。

こうした特徴があってか「センタープールだからセンターが決まる」というキャッチフレーズが有名になったほどだ。

逆に言えば追い風や無風な時はインコースが有利となる為。

予想をする際は風が1つのポイントとなる事は頭に入れておいてほしい。

続いては、尼崎競艇場で使われるモーターについて話をしよう。

尼崎競艇場では、2010年5月4日から大型吸気サイレンサー付きの減音型モーターを採用。

前述では必ずしも1号艇有利でないのが尼崎競艇場の特徴と記したが・・

近年は出力低減モーターへの変更や、プロペラ制度の変化により、1コースの1着率が50%を超えるまで上がってきた。

とはいえ、他の競艇場と比べると1コースの1着率が低い点は否めない。

目先の数字だけで安易な予想をしてしまうと、かえって痛い目を見ることになる。

尼崎競艇場では、ある程度のパワーや技量が伴っていないと、例えインコースであっても簡単に逃げ切ることはできない為、インコースが有利というセオリーを信じすぎるのは危険だ。

尼崎競艇場のコース別成績で予想してみる

前述では、尼崎競艇場は風によってレースの行方が大きく左右されると記載した。

そこで、ここからは風速6m以上の日のコース別成績を見ていく。

今回記載するデータは2017年7月1日〜2018年6月30日までの1年間。

・コース別成績(風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 216 50.9% 66.2% 83.8%
2コース 213 10.8% 30.0% 47.4%
3コース 214 14.4% 35.9% 54.6%
4コース 216 14.3% 35.1% 56.4%
5コース 215 7.9% 23.7% 38.6%
6コース 212 1.8% 9.9% 21.2%

やはり数字だけ見れば、インコースの勝率に目がいく。

しかし、1コース進入といえど、風が強い日の勝率は5割程度に落ち込んでいる。

逆に風が強い日は、アウトコースはもちろんセンターコース勢の活躍が目立つ。

このデータからも尼崎競艇は風の有無でレースが大きく変わるということがわかる。

また、3コース・4コースの1着率が14%を超える競艇場は中々ない上に、3連対率も5割を超えているので、舟券の相手としては妙味ともいえる。

ここまで尼崎競艇場のコース別成績を紹介したが、基本はインコース・1号艇が有利と思っておいてよいが・・。

加えて強いて言うならば、風によって結果が左右される部分が多いので、風が強い日は3,4コースに注意しておくと良い。

レースグレードなどは多少関係するが、上記で伝えた内容を頭に入れておく事をオススメする。

尼崎競艇の予想方法を大公開

ここからは、尼崎競艇の特徴を基に予想をしても中々当たらない。という経験をしている人だけ見てほしい。

まず、先に結論を言っておくと・・・

特徴を基に予想をしても、的中率はそれほど変わらない。

理由は簡単。

上記で紹介したのはあくまで前例を基にした特徴とその打開策に過ぎないからだ。

競艇の予想を既にしている人なら分かると思うが、予想をするタイミングによって天候などの自然的要因は常に変化する。

コロコロ変わる自然現象を、常にピンポイントで読み切ることなど不可能なのは分かるだろう。

現に私個人で予想をしていた時は、特徴を基にしていたにも関わらず惨敗続きだった。

だが、とても簡単な方法で惨敗とはオサラバすることができたのだが、今回はその方法を教えようと思う。

まずはこれを見てくれ。

2月11日尼崎10レースの的中結果画像

画像は、2020年2月11日に尼崎競艇で開催された10Rの的中結果。

この時、尼崎競艇では近畿地区選手権競走(G1)が開催されていたのだが・・・

勝ったのは好スタートを切り華麗なまくり差しをみせた6号艇吉川選手。

人気の中心となっていた1号艇古結選手は、第1ターンマークで引波に乗ってしまい最下位に。

この時の場内のざわめきは今でも覚えている。

3連単は312.4倍がつき、1点2,000円で掛けていた私は・・624,800円ゲットした。

特徴を基に予想しても稼げないと言っていたのに一体どうやって・・と思うだろう。

何も難しいことなどしていない。私は競艇研究エースの予想に乗っただけ。

競艇研究エースは、かなり前から使っているのだが予想の精度はピカイチだ。

その理由は競艇関係者との繋がりが深い点にある。

ろくに結果も出さずに関係者とのつながりを主張する予想サイトはたくさんあるが、提供された予想通りに舟券を購入しただけで60万円を超える払い戻しを手にしている事実は揺るがない。

自分の思う通りに予想をしたいなんて人もいると思うが、競艇で本気で稼ぎたい人は試して見る価値があると思う。

ぜひ1度試してみることをオススメする。

競艇研究エースのトップページ画像

また、競艇研究エースは無料予想の提供しているが、これまたかなり精度が高い。

無料予想は、メールアドレスさえあれば誰でも受け取る事ができるので、併せて使って見てほしい。