多摩川競艇の予想の仕方・ポイント・コツを紹介

今回は競艇開催場の1つである【多摩川競艇場】について紹介する。

まず初めに多摩川競艇は「クセが強く」ちょっと競艇に詳しいくらいじゃ攻略できない。

勝つことが難しい競艇場」として有名だ。

競艇場は全国で24箇所存在するが、それぞれで特徴が大きく異なるので知っているだけで予想のしやすさにも関係してくる。

コース毎の勝率・水面・風など様々な条件が違う競艇場のポイント、特徴を把握しているかどうかで的中率や勝率は天と地の差なので、多摩川競艇で勝負するなら絶対に覚えておいてほしい。

多摩川競艇の特徴について

多摩川競艇場の主な特徴は・・・。

  • インコースの勝率が高い
  • アウトコースの一発があり得る

まずは「インコースの勝率が高い」ことについて。

多摩川競艇の水質は淡水。

硬い水面は非常にクセが強く淡水を嫌う選手も多いのだが、同じ淡水の江戸川競艇や唐津競艇に比べて乗りやすいとの声もある。

そこでコレをみてほしい。

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 2208 50.9% 67.8% 78.1%
2コース 2200 15.9% 40.1% 57.1%
3コース 2201 12.4% 31.7% 52.1%
4コース 2202 13.1% 31.9% 51.3%
5コース 2197 5.6% 20.0% 39.1%
6コース 2177 2.2% 9.0% 23.3%

上記は2018年01月01日〜2018年12月31日までの1年間の戦績で、インコースの勝率をみると非常に安定しており、江戸川競艇や唐津競艇のインコースの勝率と比べても、多摩川競艇の「インコースの勝率が高い」ことがわかる。

しかし、1コースの勝率だけで考えると唐津競艇の方が上回るので、コレは競艇場の特徴というよりも選手の個人差が影響している可能性の方が高そうだ。

「江戸川は好きだけど唐津はダメ」

「唐津は走りやすいけど多摩川は難しい」

と、選手の好き嫌いを知ることが多摩川競艇の鍵になるかもしれない。

多摩川競艇で勝負するなら唐津競艇と江戸川競艇のクセや特徴も忘れないように。

続いては水面図を見ていこう。

ken1203

多摩川競艇場はホーム、バック側とも24場の中で上位の広さを持っている。

静水面と水面の広さから走りやすく、スピード戦になりやすくどのコースからでも全速で攻め込むことができる。

体重のある選手だと不利だったり、モーターの性能が悪ければ伸び足が悪くストレートで負けてしまうこともあるが、基本的には有利な状況で走れるインコースが有利。

余程の力差やモーターの調子が悪くなければ「インコースの勝率が高い」事は揺るがないだろう。

スピード優先となるので周回展示はしっかりチェック。

少しでも怪しいと思ったらインコースをぶった切る気持ちも必要になりそうだが・・・

では、どのような状況で勝負すれば多摩川競艇の勝率が安定するのか。

これまでの事を頭に入れた上で更に詳しく過去のデータを見ていこう。

多摩川競艇のコース別成績で予想してみた

各グレードと天候が悪い時の2パターンでレース結果を確認してみた。

・コース別成績(SG・G1・G2)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 72 66.6% 79.1% 83.3%
2コース 72 8.3% 47.2% 47.2%
3コース 71 9.8% 22.5% 49.3%
4コース 71 8.4% 25.3% 43.6%
5コース 72 4.1% 20.8% 34.7%
6コース 70 2.8% 5.7% 27.1%

・コース別成績(雨・雪)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1コース 226 54.8% 72.1% 80.9%
2コース 226 12.8% 39.8% 57.0%
3コース 223 13.4% 30.4% 54.2%
4コース 225 11.5% 31.5% 51.1%
5コース 224 4.9% 18.3% 35.7%
6コース 219 2.7% 8.6% 23.2%

※データは2018年01月01日〜2018年12月31日までの1年間。

グレードの高いレースになるほど1コースの勝率は安定するものの、1コース以外のインコースの勝率は異常なまでに下がった。

一般戦や予選など、普段はインコースが有利な競艇だが、力差がハッキリしないレースになればなるほどアウトコースから全力で狙ってくる。

コレが多摩川競艇の非常に難しいところ。

「アウトコースの一発があり得る」に繋がっている訳だ。

しかし、悪天候時のレースと比べれば一般レースと大差ないし、GⅢ以上のレースで勝負する場合は1コースに絞って予想すれば良い。

これだけのデータが揃っていれば多摩川競艇で稼ぐのは造作もないはずだ。

ぜひ参考にしてもらえたらと思う。

多摩川競艇の当たる予想方法を大公開

多摩川競艇の特徴を紹介してきたが、正直一般の人が特徴を基に予想するのは限界がある。

その日の天候・風など、網羅することはできるが、想像以上に時間がかかってしまう。

そこで、日頃から検証している私が多摩川競艇を得意とする競艇予想サイトを1つ紹介しよう。

競艇トップだ。

まずは2020年の成績を見てほしい。

  • 2020年09月08日
  • 多摩川04R
  • 三連単 3-2-4 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:0円
  • 回収率:0%
  • 2020年08月20日
  • 多摩川11R
  • 三連単 1-2-5 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:13,400円
  • 回収率:111.7%
  • 2020年08月10日
  • 多摩川05R
  • 三連単 2-3-4 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:0円
  • 回収率:0%
  • 2020年08月08日
  • 多摩川05R
  • 三連単 1-3-6 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:48,000円
  • 回収率:400%
  • 2020年08月07日
  • 多摩川11R
  • 三連単 2-1-5 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:36,200円
  • 回収率:301.7%
  • 2020年08月06日
  • 多摩川05R
  • 三連単 4-1-2 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:50,000円
  • 回収率:416.7%
  • 2020年07月30日
  • 多摩川10R
  • 三連単 1-2-6 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:41,900円
  • 回収率:349.2%
  • 2020年07月09日
  • 多摩川05R
  • 三連単 4-2-5 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:35,700円
  • 回収率:298.2%
  • 2020年07月02日
  • 多摩川04R
  • 三連単 1-3-4 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:24,600円
  • 回収率:205%
  • 2020年06月30日
  • 多摩川10R
  • 三連単 6-1-4 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:179,000円
  • 回収率:1491.7%
  • 2020年06月29日
  • 多摩川11R
  • 三連単 1-3-4 買い目
  • 舟券代:12,000円
  • 払戻金:38,700円
  • 回収率:322.5%

提供された11レースの内、的中したのは9本で的中率は81.8%

また、的中時の平均回収率はなんと432.9%と利益率は非常に高い。

競艇トップは1レースの舟券代金を12,000円で推奨しているので、80%の確率で約52,000円の払戻金が獲得できる計算。

的中率だけでなく、高配当が狙えるレース選びも非常にうまい。

しかもこれらは全て無料予想の結果。

タダでこれだけ稼げる予想を公開している競艇トップは是非抑えておいてほしい。

>競艇トップの公式サイトはこちら

>競艇トップの検証記事はこちら