鳴門競艇の予想の仕方・ポイント・コツを紹介

鳴門競艇場は徳島県鳴門市に所在地をおく、鳴門海峡からすぐそばに設置された競艇場。

潮の満ち引きの影響を受けることから「インが負けやすい競艇場」としても有名だ。

競艇はインが圧倒的有利と言われている競技だが、その常識は鳴門競艇場では全く通用しないと考えた方がいいだろう。

ある程度予想をしてきた玄人でさえも、荒れやすい鳴門競艇では大敗する事もしばしば。

そこで、鳴門競艇場を攻略するのに必要な事や大切なポイントを解説。

今からお伝えする事を知っているかどうかで収支は変わってくるはずだ。

是非、最後まで目を通してもらいたい。

鳴門競艇の特徴について

鳴門競艇の主な特徴はこの2つ。

  • 1コースの勝率が安定しない
  • 5.6コースの3連率が高い

まずは「1コースの勝率が安定しない」について話をするのだが。

その前に、鳴門競艇の1コースはどのくらい安定しないのか・・・。

コレを見てほしい。

コース 1着率 2連対率 3連対率
1コース 44.9% 65.8% 77.1%
2コース 19.2% 41.3% 58.5%
3コース 14.1% 34.8% 54.2%
4コース 10.9% 29.8% 48%
5コース 8.1% 20.6% 40.2%
6コース 3.5% 9.7% 23.8%

上記は直近3ヶ月間に鳴門競艇で行われたレースを対象にした集計結果だが、1コースの勝率はたったの44.9%。

インコースが弱く勝率が安定していないと言われている福岡競艇の勝率50.3%と比べても、明らかに低いことがわかる。

3連対率でみても77.1%。

インコースが強い競艇のセオリーを見事に覆しているということだ。

では、なぜ、鳴門競艇のインコースはこんなにも安定しないのか?

その理由は鳴門競艇場の作りにあった。

apf00013

鳴門競艇場の水面の断面図を見てみると、第1ターンマークの幅が70mしかない。

「70mしかって言われてもわかんねーよ!」

というユーザーの為にわかりやすく説明すると・・。

1コースの勝率が非常に高い大村競艇や常滑競艇の第1ターンマークは100m以上あり、鳴門競艇は約30m近く狭い。

ちなみに、先程も例に挙げた1コースの勝率が安定していない福岡競艇の第1ターンマークの広さも70m。

第1ターンマークの幅が狭いと内々を周り余裕を持って旋回することが出来なくなるため、アウトコースと比べて助走距離の短いインコースは不利になる。

同じ70mなのに、福岡競艇場と鳴門競艇場の1コースで5%もの違いがあるのは第1ターンマークを抜けた先のバックストレッチの広さにある。

鳴門競艇場が80mなのに対し福岡競艇場は95mもある。

バックストレッチの幅が広いとターンで少々外へと膨らんでも問題はない。

しかし、幅が狭いと1コースの選手は窮屈な旋回・小回りが強いられるため、鳴門競艇場は福岡競艇場よりもインコースの勝率を低くしているのだ。

どちらにも共通するこの特徴が「1コースの勝率を下げている」。

そして「5,6コースの3連対率を上げている」ことに繋がっていく。

では、どのコースをメインに予想すれば良いのか?

何を重視すれば鳴門競艇で効率よく狙うことができるのか・・・。

過去のデータを参考に更に詳しく調べてみよう。

鳴門競艇場のコース別成績で予想してみる

ここからは2019年9月1日〜2020年8月31日までの過去1年間の集計結果を参考に、コンディションや天候が悪い時のコース別の成績をみてみる。

・コース別成績(雨・雪)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 192 64.0% 77.0% 83.3%
2号艇 192 11.9% 39.0% 54.6%
3号艇 193 10.3% 36.2% 55.4%
4号艇 192 8.8% 29.6% 53.1%
5号艇 191 4.1% 12.5% 32.4%
6号艇 190 1.0% 6.3% 22.6%

・コース別成績(風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 53 45.2% 60.3% 62.2%
2号艇 52 19.2% 51.9% 73.0%
3号艇 53 13.2% 37.7% 52.8%
4号艇 52 11.5% 26.8% 57.8%
5号艇 53 9.4% 15.0% 30.1%
6号艇 52 1.9% 9.6% 26.9%

天候が悪い時はインコースの勝率が上がるものの、風速が強いと通常時と変わらない勝率になるインコース。

2連対・3連対率は通常時よりも下がり、2コース・アウトコースの3着率が高くなる事もわかった。

つまり、鳴門競艇は天候が悪い時以外は1コースの飛ぶ可能性が高く、アウトコースを意識した予想をしないと舟券は当たらないということ。

故に鳴門競艇は一筋縄では攻略できない競艇場と言われるのだ。

ここまでなる競艇場の特徴や傾向について解説してきたが、全て個人で網羅して予想するのも厳しいだろう。

そこで・・・

  • 競艇に携わっている方と密接な関係がある
  • 鳴門競艇の予想が得意
  • お金が掛からない

この3つを兼ね備えた、競艇予想サイトの情報を「自分の予想の保険」として使えば更に勝率が安定するだろう。

サイトじゃなくて自分で予想をしたいと思っている人もいると思うが、別に公開された予想に丸ノリする必要はない。

自分の予想プラスαで使ってみるだけでも、的中を取りこぼす可能性を回避することができるはずだ。

競艇・ボートレース予想総合研究所では、そんな実力のある競艇予想サイトを複数まとめている。

鳴門競艇でしっかり稼ぎたい方はぜひ参考にしてほしい。

>競艇・ボートレース予想総合研究所のおすすめサイトを確認する<