header_logo

鳴門競艇の予想の仕方・ポイント・コツを紹介

今回は競艇開催場の1つである【鳴門競艇場】について紹介する。

皆さんは鳴門競艇で勝負をしたことがあるだろうか?

とにかく予想が当たらない。マジで稼げねーな!なんて思ったりしなかった?

それは決して偶然ではない。

鳴門競艇は競艇ユーザーの中でも予想が難しい。

一筋縄では攻略できない競艇場」と言われている。

コース毎の勝率・水面・風など様々な条件が異なる競艇は、想像以上に当てることが難しく、その中でもなると競艇には独特の特徴があるため、その特徴をしっかり理解せずに勝負しても勝率は上がらないだろう。

そこで、鳴門競艇の勝率を上げるために、安定した的中率をキープするために、私が明日から使える予想のコツや抑えておきたいポイントを徹底的に紹介していくので、是非最後まで目を通してもらいたい。

鳴門競艇の特徴について

鳴門競艇の主な特徴はこの2つ。

  • 1コースの勝率が安定しない
  • 5.6コースの3連率が高い

まずは「1コースの勝率が安定しない」について話をするのだが。

その前に、鳴門競艇の1コースはどのくらい安定しないのか・・・

コレを見てほしい。

コース 1着率 2連対率 3連対率
1コース 44.9% 65.8% 77.1%
2コース 19.2% 41.3% 58.5%
3コース 14.1% 34.8% 54.2%
4コース 10.9% 29.8% 48%
5コース 8.1% 20.6% 40.2%
6コース 3.5% 9.7% 23.8%

上記は直近3ヶ月間に鳴門競艇で行われたレースを対象にした集計結果だが、1コースの勝率はたったの44.9%。

インコースが弱く勝率が安定していないと言われている福岡競艇の勝率50.3%と比べても、明らかに低いことがわかる。

3連対率でみても77.1%。

インコースがめちゃ強い競艇のセオリーを見事に翻しているということだ。

では、なぜ、鳴門競艇のインコースはこんなにも安定しないのか?

その理由は鳴門競艇場の作りにあった。

apf00013

鳴門競艇場の水面の断面図を見てみると、第1ターンマークの幅が70mしかない。

「70mしかって言われてもわかんねーよ!」

というユーザーに為にわかりやすく説明すると、1コースの勝率が非常に高い大村競艇や常滑競艇の第1ターンマークは100m以上で、鳴門競艇は約30m近く狭いということ。

ちなみに、先程も例に挙げた1コースの勝率が安定していない福岡競艇の第1ターンマークの広さも70m。

第1ターンマークの幅が狭いと内々を周り余裕を持って旋回することが出来なくなるため、アウトコースと比べて助走距離の短いインコースは振りになる。

どちらにも共通するこの特徴が「1コースの勝率を下げている」

そして「5,6コースの3連対率を上げている」ことに繋がる訳だ。

では、どのコースをメインに予想すれば良いのか?

何を重視すれば鳴門競艇で効率よく狙うことができるのか・・・

過去のデータを参考に更に詳しく調べてみよう。

鳴門競艇場のコース別成績で予想してみる

ここからは2017年10月1日〜2018年9月30日までの過去1年間の集計結果を参考に、コンディションや天候が悪い時のコース別の成績をみてみる。

・コース別成績(雨・雪)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 194 44.8% 67.0% 77.3%
2号艇 195 19.4% 38.4% 57.9%
3号艇 194 11.8% 29.3% 48.9%
4号艇 194 13.9% 38.1% 58.2%
5号艇 194 8.7% 19.5% 39.6%
6号艇 193 1.5% 8.2% 19.1%

・コース別成績(風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 278 48.9% 69.4% 80.2%
2号艇 279 21.8% 43.0% 57.3%
3号艇 277 15.5% 30.6% 50.1%
4号艇 278 4.6% 29.5% 50.7%
5号艇 280 6.7% 18.2% 33.9%
6号艇 277 2.8% 10.4% 29.9%

天候やコンディションが悪いと1コースの勝率は更に低くなるが、アウトコースの3連対率に関しては若干上がる、又は、通常のレースと大差ないことがわかった。

つまり、鳴門競艇は季節やレースのコンディションに関係なく1コースは飛ぶ可能性があり、アウトコースを意識した予想をしないと舟券は当たらないということ。

故に鳴門競艇は「一筋縄では攻略できない競艇場」と言われているのだろう。

現に管理人は鳴門競艇のことを理解しているにも関わらず、成績は全く安定していない。

その理由は、アウトコースが好走できるレースを見抜くことが出来ないから。

悪天候やコンディションが悪いのに1コースが安定するレースや、うねりやクセを上手く使いアウトコースからしっかりまくる選手を見抜くことが出来るのは、鳴門競艇の関係者は一部の強者のみ。

どんなに詳しくなったところで自分の限界は勝率10%にも満たなかった。

では、どうすれば鳴門競艇の勝率上げることができるのか・・・

鳴門競艇を得意とする競艇予想サイトを使うのが一番だろう。

勝率、的中率、回収率、何に特化しているかはサイトそれぞれだが、今回はその中でも群を抜いて使いやすく安定しているサイトを紹介したいと思う。

それが「フルスロットル」だ。

apf00014

・フルスロットルの無料予想の結果まとめ

  • 2019年07月05日
  • 鳴門07R⇨09R
  • 舟券代:10,000円
  • 払戻金:112,400円
  • 回収率:1124%
  • 2019年07月03日
  • 鳴門04R⇨09R
  • 舟券代:10,000円
  • 払戻金:300,000円
  • 回収率:3000%
  • 2019年06月27日
  • 鳴門06R⇨10R
  • 舟券代:20,000円
  • 払戻金:0円
  • 回収率:0%
  • 2019年06月19日
  • 鳴門03R⇨07R
  • 舟券代:10,000円
  • 払戻金:42,000円
  • 回収率:420%
コース 参加回数 勝敗 的中率 回収金額
有料予想 4回 3勝1敗 75% 454,400円

※上記は直近の結果を参照している

参加したのは有料予想のみだが誰が見ても一目瞭然。

フルスロットルが鳴門競艇の予想を提供したら大チャンスだ。

おかげさまで今の管理人の勝率は65〜75%くらいまで安定したし、どんなに調子が悪くても的中率は55%を切ることもない。

メールアドレスだけで簡単に登録できるし、1ヶ月も利用すればその成果を実感することが出来ると思うので、少しでも興味があればぜひ参考にしてくれ。