header_logo

戸田競艇場の明日から使える予想ポイント・コツを紹介

今回は競艇開催場の1つである【戸田競艇場】について紹介する。

2018年11月13日から戸田競艇場では「G3サンケイスポーツ杯」が開催される。

競艇場は全国で24箇所存在するが、それぞれで特徴が大きく異なるので予想のしやすさにも関連する。

コース毎の勝率・水面・風など様々な条件が違う競艇場のポイントや特徴を把握しているかどうかは予想に大きく影響する。

特徴を把握している事によって的中できるレースもあるかもしれないと思えば、抑えておいて損はないだろう。

という事で戸田競艇場の明日から使える予想のコツや抑えておきたいポイントを徹底的に紹介していく。

是非最後まで目を通してもらいたい。

戸田競艇場の特徴

戸田競艇場の主な特徴は・・・。

  • 水質は淡水
  • 1コースの1着率最下位
  • センターコースが強い
  • アウトコースの3連率が高い

ざっと簡単に特徴をまとめるとこんな感じ。

戸田競艇場の水質は淡水、競走水面はプールとなっている。波は一年を通して穏やかになっており、水面の横幅の狭さは日本一だ。

そして、第1ターンマークのコースの幅が狭いため、水面に慣れていない選手がターンマークの近くでエンストや転覆を起こすケースがよく見られ、荒れる事もよくある。

次に1コースが全国で1番弱い勝率となっている理由だが、これに関しては福岡競艇場などと同じで、第2ターンマークよりも第1ターンマークの方が客席側に近い位置に設置されているからである。

上記画像を見ればわかると思うが、インコースを走る選手はスタートからターンマーク付近まで斜めに走らされる。

そのため、スタートがアウト勢よりも上手く決まらないと五分の戦いをすることができない。

こうなってしまうと何が起こるかというと、インコース艇は斜め移動の分ターンマーク到達までの間にアウトコース艇よりも長い距離を走らされる上に、 ターンマーク付近に到達した時にボートの向き(舳先)がターン方向とは反対側に向いていることになる。

しかし、カド・アウトコースの選手は真っ直ぐにターンマーク付近へ走れる上に、ターンマーク付近に到達した時点で舳先をターン方向に向けている事も出来る。

そのため、インコースの艇が勝とうと思うと、アウト勢よりわずかでも早くスタートを決める事。

そして、 あとはF1などのコーナリングでも行われる「アウト・イン・アウト」のターンをしなければいけないこと。

つまり、スタートを切ったら外に外に艇を移動させてターンマークとの距離を取り、ターンマーク付近に来た時に舳先をターン方向へ向けられるだけのスペースの余裕が欲しいわけだ。

これだけの技術を求められる1号艇は自然と勝率も下がるという事には納得せざるを得ない。

そして、1号艇の勝率が低い事で台頭してくるのが、センターコースである3.4号艇。

この2艇、特に4号艇の勝率は全国で見てもNo.1の数値となっている。予想の際にはかなり参考になるデータとなっているので、見逃さない方が良いだろう。

5,6コースの勝率は極めて高いわけではないが、3連内率は全国で見ても1.2位の数値となっているので、舟券妙味は持てるだろう。

ちなみに、アウトコースからのまくりが難しくなっている理由が、戸田競艇場のチルト角度の角度指定。

チルトとはボートにモーターを取り付ける角度をチルトといい、チルトアジャスターという部品で調整する。

取り付け角度が小さいほど出足が強くなり、逆に角度が大きくなるほど伸びが良くなるといわれている。

戸田競艇場では、-0.5度、0度、0.5度までしか選択できないため、アウトコースからの大外まくりが難しいのだ。

ここまでが主な戸田競艇場の特徴となっており、ここまでの特徴を踏まえた上で、予想の指標を立てると良い。

以上の事から、今後戸田競艇場のレースを予想する時のポイントは・・・。

  • 1号艇に過度な期待はできない
  • センターコースが強い
  • アウトコースの3連率は注目

この4点を頭に入れておくだけでも結果は変わってくるだろう。

戸田競艇場のコース別成績

戸田競艇場の特徴は把握してもらったと思うが、ここからはコース別の成績をグレード別・天候別と合わせて見ていく。

今回記載するデータは2017年10月1日〜2018年9月30日までの1年間。

・コース別成績(総合)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 2328 43.5% 61.3% 72.4%
2号艇 2329 16.4% 39.5% 56.7%
3号艇 2324 14.3% 34.2% 53.1%
4号艇 2324 16.8% 34.5% 52.2%
5号艇 2319 6.6% 21.0% 40.0%
6号艇 2303 2.4% 10.2% 26.7%

・コース別成績(SG・G1・G2)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 72 56.9% 69.4% 77.7%
2号艇 72 8.3% 27.7% 48.6%
3号艇 72 15.2% 40.2% 56.9%
4号艇 72 11.1% 26.3% 48.6%
5号艇 72 5.5% 22.2% 37.5%
6号艇 70 2.8% 14.2% 31.4%

・コース別成績(雨・雪)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 220 44.5% 58.6% 68.6%
2号艇 219 18.7% 42.0% 56.6%
3号艇 219 12.7% 33.3% 52.5%
4号艇 219 13.7% 33.7% 52.5%
5号艇 218 8.7% 22.4% 42.2%
6号艇 217 1.8% 10.6% 29.0%

・コース別成績(風6m以上)

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率
1号艇 34 35.2% 50.0% 64.7%
2号艇 34 20.5% 44.1% 55.8%
3号艇 34 20.5% 41.1% 58.8%
4号艇 33 12.1% 39.3% 48.4%
5号艇 34 8.8% 14.7% 47.0%
6号艇 33 3.0% 12.1% 27.1%

データ・成績を見てもらえばわかるが、1号艇の勝率がどの数値を見ても低くなっていることがよくわかる。

だいたい40%代になる事すら稀な数値でこれだけ低い数値を叩き出しているという事は上であげた特徴通り、1号艇に過度な期待はできなさそうだ。

データ通り2〜4号艇、特に3.4コースの勝率は高いので、今回のG3サンケイスポーツ杯でも期待していいだろう。

しかし、SG・G1のデータで見ると1号艇もなかなかの勝率を誇っているので、警戒は必須。

ちなみに他開催場での、SG・G1での1コース勝率は65%前後なので、戸田競艇場に関しては他開催場と比べるとセンターコースを重視しても良いと言える。

今回のサンケイスポーツ杯はG3とはいえ、出場選手の中には一線級の方もいるのでセンターコースからのまくりは目にすることが多くなるだろう。

これを予想の指標の1つにしておこう。

戸田競艇場を得意とする競艇予想サイト

さて、ここまで戸田競艇場の予想のコツやポイントを話してきたが、最近戸田競艇場で好成績を残している競艇予想サイトを紹介していく。

もちろん第一に予想は自分で行う。あらゆる展開も考慮した上で、スタート展示も見る。

とはいえ、やはり自分で考えた予想だけでは競艇予想サイトほど高い的中率を出す事は出来ない。

著しく自分の成績が落ちた時は競艇予想サイトの買い目をある程度参考にして、買い目を足したり、時には提供された買い目をそのまま購入する。

百戦錬磨になるわけではないけど、的中率・回収率は右肩上がりに上向くことの方が多い。

そんな中で特に戸田競艇場を得意としているSPEED予想ライブには今回のサンケイスポーツ杯の予想にも期待している。

・SPEEDの結果

コース 参加回数 勝敗 的中率 回収金額
無料予想 10回 8勝2敗 80% 245,630円
有料予想 5回 3勝2敗 60.0% 874,500円

無料予想では80%、有料予想でも60%とやはり得意であるだけに高水準な数値だ。

戸田競艇場の強ささながら、SPEEDは重賞での勝率も高いので今回も大いに期待が持てると言える。

15戦11勝4敗・収支112万0130円・回収率320%という数字。

・予想ライブの結果

コース 参加回数 勝敗 的中率 回収金額
無料予想 6回 2勝4敗 37.5% 124,250円
有料予想 6回 3勝3敗 33.3% 412,000円

予想ライブの場合、勝率で見ればSPEEDよりも低く、安定感抜群とまでは言えない数字だ。

しかし、回収率で見ればSPEEDに引けを取らないどころか上回っているので、的中さえすれば配当に期待を持てる。

12戦5勝7敗・収支59万0000円・回収率357%という結果。

どちらのサイトもしっかり的中している上に稼げている。

どちら共とは話したが、安定感・勝率・回収率を比べれば参加するとするならフルスロットルの方が堅実だ。

予想ライブも戸田が得意とはいえ、1番得意な競艇場ではない。

そうなれば、点数も多い買い目かつ安定した的中率を叩き出しているSPEEDがオススメ。

今回のG3サンケイスポーツ杯の提供も要チェック。