header_logo

第1回ボートレース甲子園の概要と注目選手

更新日:2019/07/01
ken2625

浜名湖G2ボートレース甲子園で稼ぎたい人必見!

みなさんどうも。

7月は常滑SGオーシャンカップばかりに注目が集まっているが、浜名湖で開催されるボートレース甲子園を忘れてはいけない。

なんと言っても今年が第1回大会。その名の通り各都道府県の代表達がしのぎを削る大会で初の栄冠に輝く選手は誰か。

そんなG2ボートレース甲子園の概要・出場選手・注目選手をピックアップ。

みなさんの参考に少しでもなれるような情報を届けるので、是非最後まで目を通してみて欲しい。

ボートレース甲子園の概要・出場選手

まずはボートレース甲子園とはどういったレースなのか。気になる方も居ると思うので、ボートレース甲子園について説明していく。

先程も話した通り各都道府県の勝率上位5名の中から日本モーターボート競走会による選出で47名のメンバーが集められるのがボートレース甲子園。

プラスアルファで、施行者推薦枠として開催場から推薦されたボートレーサー5名が追加出場となり総勢52名でレースが行われる。

グレードはG2に位置しており、優勝賞金は正式に決まっていないが他のG2競走が400万円である事から400万円、或いはそれ以上だろう。

ちなみにボートレース甲子園には誰でも出場できるといった訳ではなく、出場するためにはれっきとした条件がある。

その条件が下記となる。

条件の選考期間は開催前年の5月1日から、開催年の4月30日までが対象。

  • B2級以上
  • 都道府県毎に勝率上位5名の内に入る

G1やSGなどに比べればどの選手にでも出場のチャンスはあると言える。しかし、都道府県毎の勝率5位までに入る事自体が難しい場所もあるだろう。

壁が高いとはいえ、一線級のレーサーと渡り合うチャンスがある事は刺激にもなるはずだ。

上記の条件を満たした上で各都道府県から1名、計52名が選出される。

余談ではあるが、もし、都道府県内で斡旋できる選手が居ない場合は、地区の中から勝率の高い1名が選出される。

では、今回出場する52名の選手は既に決まっているので紹介しておこう。

都道府県 登番 選手 支部 勝率
北海道 4702 三浦 敬太 東京 6.17%
青森 4407 鹿島 敏弘 群馬 4.83%
岩手 3960 菊地 孝平 静岡 7.46%
宮城 4177 萬 正嗣 群馬 5.35%
秋田 4245 高橋 直哉 東京 4.88%
山形 4169 多田 有佑 東京 3.82%
福島 4444 桐生 順平 埼玉 8.25%
茨城 4366 前沢 丈史 東京 6.85%
栃木 4305 金子 拓矢 群馬 6.38%
群馬 3622 山崎 智也 群馬 6.89%
埼玉 3983 須藤 博倫 埼玉 7.07%
千葉 4297 山田 哲也 東京 6.90%
東京 3590 濱野谷 憲吾 東京 7.16%
神奈川 4266 長田 頼宗 東京 6.45%
新潟 4700 金子 和之 埼玉 4.81%
山梨 4401 小林 泰 東京 5.75%
長野 3940 飯山 泰 東京 6.19%
岐阜 4850 野中 一平 愛知 5.57%
静岡 3744 徳増 秀樹 静岡 7.56%
愛知 3946 赤岩 善生 愛知 7.01%
三重 4024 井口 佳典 三重 7.84%
富山 4611 今井 美亜 福井 6.45%
石川 3388 今垣 光太郎 福井 7.26%
福井 4013 中島 孝平 福井 7.17%
滋賀 4502 遠藤 エミ 滋賀 7.14%
京都 3721 守田 俊介 滋賀 7.77%
大阪 4168 石野 貴之 大阪 7.16%
兵庫 3854 吉川 元浩 兵庫 7.81%
奈良 3557 太田 和美 大阪 7.28%
和歌山 4865 立具 敬司 大阪 3.27%
徳島 4028 田村 隆信 徳島 7.16%
香川 3908 重成 一人 香川 6.86%
愛媛 4260 中越 博紀 香川 6.12%
高知 4459 片岡 雅裕 香川 6.75%
鳥取
島根 3024 西島 義則 広島 6.65%
岡山 3822 平尾 崇典 岡山 7.70%
広島 3573 前本 泰和 広島 7.70%
山口 3897 白井 英治 山口 8.16%
岡山 4418 茅原 悠紀 岡山 7.52%
福岡 3783 瓜生 正義 福岡 7.51%
佐賀 4320 峰 竜太 佐賀 8.45%
長崎 4096 石橋 道友 長崎 6.73%
熊本 4236 松村 敏 福岡 6.78%
大分 4256 渡辺 浩司 福岡 6.71%
宮崎 4364 池永 太 福岡 6.97%
鹿児島 4304 藤崎 小百合 福岡 5.78%
沖縄 4195 前川 守嗣 福岡 4.95%
推薦枠
福島 4547 中田 竜太 埼玉 6.90%
愛知 3941 池田 浩二 愛知 7.84%
大阪 4044 湯川 浩司 大阪 7.28%
山口 3942 寺田 祥 山口 7.08%
福岡 4350 篠崎 元志 福岡 8.03%

唯一の鳥取レーサーである村岡賢人選手だが、3月にびわこ競艇場で開催されたG2秩父宮妃記念杯準優勝戦でのフライングで選出除外。

代わりに同じ中国地区の茅原悠紀選手が選出される事となった。

今回のボートレース甲子園でのドリーム戦メンバーを紹介しておこう。

1号艇峰竜太選手・2号艇桐生順平選手・3号艇白井英治選手・4号艇井口佳典選手・5号艇吉川元浩選手・6号艇菊地孝平選手の6名だ。

出場メンバーを見ればわかる通り、SGのドリーム戦さながらのレースとなりそうな予感。

昨年の賞金王峰選手を筆頭に一昨年の賞金王桐生順平選手や今年SGV2の吉川選手など、競艇界を彩る豪華メンバーが集結。

そんな中で管理人が注目しているのは4号艇の井口佳典選手。

センターコースとなる今回だが、カドからスタートできればチャンスはあると思っている。

強豪の選手が集うともなれば、一気に攻勢を仕掛ける事となるのだが、アウトコースからまくろうと外を握ってくる。

しかし、インコースの選手も簡単に抜かせる訳にはいかないので、ダンプや壁を作ってアウトコース勢へ対抗する。

今回は内の3艇が特に有力候補とされている事を考えれば、つばぜり合いになった時がおもしろい。

簡単に言えば内同士で潰し合えば必然とインコース付近にスペースが出来上がるので、そこをまくり差す事に期待しよう

今回のボートレース甲子園では井口選手の動きには注目だ。

ドリーム戦のみならず一流レーサーばかりが出場するG2ともなれば予想も難しくなる。

ここからはボートレース甲子園で注目の選手と浜名湖競艇場で参考になる情報をお届けする。

オボートレース甲子園で注目の選手TOP3

今回のG2ボートレース甲子園における注目選手を3人紹介したいと思う。

独断と偏見が含まれているので、あくまで参考程度に考えてもらいたい。

注目レーサー① 徳増秀樹

まずは地元静岡での開催とあって気合い充分の徳増秀樹選手。

今年の成績も決して見劣りするような内容ではなく、3月に開催されたSGボートレースクラシックでは6号艇から優出を決めて優勝戦で6着。

ボートレースオールスターでも準優勝戦まで進み、先月開催されたグランドチャンピオンでも優出を果たし4着という結果に収まっている。

現在賞金ランキングも9位と絶好調!年末のグランプリでトライアル2からの参加となるシードを獲得できる6位井口佳典選手との差は400万円。

ボートレース甲子園で優勝できれば逆転も充分に有り得るとなれば、より一層力が入ると思われる。

今回もアウトコースからのまくり・まくり差しに期待だ!

注目レーサー② 茅原悠紀

2014年のグランプリ覇者茅原悠紀選手を忘れてはいけない。

全速ターンの桐生順平選手にも引けを取らないターンで2014年のグランプリでは6号艇から優勝

第1ターンマークで鋭く内を差した姿には脱帽。今回は鳥取からの出場がなく、いわば棚ぼたで手に入れた出走。

しかし、そんな数少ないチャンスをモノにしてこそトップレーサー。賞金ランキングは現在11位。

ここを勝って賞金加算といきたいとは本人も思っているはず。

ボートレース甲子園での茅原悠紀選手のターンからは目が離せない!

注目レーサー③ 篠崎元志

最後に紹介したいのは帰ってきた男、篠崎元志選手!

昨年5月に宮島で肩を脱臼し、手術を執行。昔から癖があったようなのだが、今回はしっかり治してからレースに復帰すると決めた篠崎選手。

同年10月のボートレースダービーで復帰すると早速優出を決め、レースセンスが鈍っていない事をファンに証明した。

しかし、出走不足のため2019年の前期ではB2に降格となっていた。今回A1に復帰し、8月からはG1・SGにも出走する様になるため、今回のボートレース甲子園から勢いをつけていきたいところ。

もちろん他にも注目選手はたくさん居る。

B1級〜A1級の男女が集う本大会で優勝する都道府県は果たして何処になるのか!

注目の本番は7月23日から、楽しみに待とう!

ボートレース甲子園の予想のコツ

まずはボートレース甲子園が開催される浜名湖競艇場について話す。

と言いたいところだが、ここで話さずとも浜名湖競艇場について詳しくまとめた記事があるので、気になる方は是非そちらを予想の参考に役立たせてもらいたい。

>>明日から使える浜名湖競艇場の予想ポイント

上記のポイントを抑える事さえできれば、的中率は格段に上がると思うので、参考にして予想を組み立ててみて欲しい。

公式LINE@について

競艇・ボートレース予想総合研究所では公式[email protected]からも情報を提供しています。

主にLINE@では私が日々収集しているデータを参照し、勝率80%以上の条件が整ったレースの無料予想が公開された場合にお知らせしています。

そこをピンポイントで狙い撃ちしていけば、必然的にあなたの勝率も上がっていくでしょう。

現状、私がこれまでにLINE@でお伝えした無料予想の的中率は84.2%です。

もちろん、不的中になることもありますが、それでも安定してプラス収支を維持できる水準には十分なっているかと思います。

サイト同様、LINE@も全て無料で提供しているので、是非、一度お試しください。

LINEで「@yqo5632z」をID検索をするか、以下から友だち追加をお願いしますm(_ _)m

※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。