header_logo

初心者必見!舟券の種類や買い方についての口コミ・評判・評価

更新日:2019年11月13日
舟券の種類・買い方コラムのアイキャッチ

初心者必見!舟券の種類や買い方について

みなさんどうも。

今回は、競艇初心者でも簡単に理解できる舟券の種類と購入方法についてお話したいと思う。

ここ最近、TV・CMなどでボートレースの特集を目にすることが格段に多くなったという印象を受ける。

そんな特集を見て、触発された競艇ユーザーも多いことだろう。

とはいえ、特集をみたところで競艇がギャンブルという事と、面白いということ以外には特に学べるものは無いだろう。

そんな中、競艇を嗜む上で最も大切なのは舟券を買うということ。

舟券が購入できなければ、そもそも競艇の予想に参加などできないからな。

ただ、競艇初心者であり今まで競馬・競輪・オートレースなどに触れたことのない人は、買い方以前に券種などもよくわからないだろう。

今回は、そんなユーザーの疑問をまとめる為に、記事を書いてみた。

この記事でわかること。

  • 舟券の種類とその特徴
  • 舟券の購入方法
  • オススメの買い方

参考になればと思い書き上げたので、最後まで目を通してもらえると有り難い。

それではスタート。

まずは舟券の種類とその特徴から

競艇で予想する際に用いられるのは・・・勝舟投票券。

一般的には舟券と呼ばれ競艇ユーザーに親しまれている。

そんな舟券には、全部で7つの種類がある。

券種名 詳細
単勝式 1着になる選手を予想する券種
(最もシンプルな券種)
複勝式 1着・2着どちらかに入る選手を予想する券種
(選んだ2艇の内、どちらかが1着〜2着に入れば的中)
拡連複 1着〜3着までに入る選手を2艇予想する券種
(3着までに選んだ2艇が入れば的中)
2連複 1着と2着に入る選手を予想する券種
(入着の順番はどちらでもOK)
2連単 1着と2着に入る選手を着順通り予想する券種
(2連複と似ているが、入着順が逆になれば不的中となるので注意)
3連複 1着と2着と3着に入る選手を予想する券種
(入着順は関係ない)
3連単 1着・2着・3着を着順通り予想する券種
(1艇でも着順が違えば入着選手が合っていようと不的中となる)
(内容が複雑なだけに競艇で最も難しい券種と言われている)

上記のように、券種ごとに予想の方法が異なるので、自ずと的中率・オッズ等も変動する。

ここで豆知識。

競艇で、最も的中しやすい券種は・・・複勝。

しかし、当たりやすいが故に配当は投資金額とあまり変わらない。

競艇を低リスクで初めたいという人にはオススメの券種。

反対に、最も的中しづらい券種は・・・3連単。

コレは先程表にも記載したように、予想内容が複雑。

仮に1着〜3着までに入線した3艇を読み切ったとしても、着順が違ければ問答無用で不的中となる。

そのため、組み合わせによってオッズは跳ね上がる傾向にある。

生粋のギャンブラー・競艇でしっかり稼ぎたいという人にはオススメ。

ただしかなりのリスクも伴う為、競艇初心者で3連単を予想したい方は投資額を抑えたほうがいいだろう。

ちなみに、歴代最高払戻金が出たのは2011年05月22日徳山競艇場で行われた第2レース(一般戦)。

1点100円で予想した舟券に6827.6倍の配当がついた為、払戻金額は・・・682,760円になったようだ。

100円が約70万円になるなんて羨ましい限りだ。

舟券の買い方について

ここまでで、舟券の種類とその詳細について理解頂けたと思う。

それでは、次に舟券の買い方を説明しょう。

舟券を購入する主な方法は3つ

  • 競艇場・場外チケット販売所での購入
  • テレボート(ウェブサイト)で購入する
  • 電話での購入

まずは1番主流な競艇場・場外チケット販売所での購入方法を説明していく。

競艇場は全国に24箇所あるのだが、その全てで舟券を購入する事ができる。

舟券購入機の画像

発券機で舟券を購入する方法はこちら。

  • マークシートを記入する。
  • 発券機では初めにお金を挿入する。
  • 記入したマークシートを投入口へ入れる。
  • 画面中央に記入した買い目が表示される。
  • 確認して間違いがなければ[発行]ボタンを押す。

手順は以上となっている。

初めてはテンパるかもしれないが、基本的に簡単なので安心してほしい。

続いてはテレボート(ネット)での購入方法について。

テレボートとは、BOAT RACE OFFICIALが運営・提供しているネット版投票窓口という認識で良いだろう。

サイトはこんな感じ。

テレボートのトップページ画像

会員登録をすると加入者番号・暗証番号・認証用パスワードが発行される。

ログイン後の画面はこちら。

テレボートの投票画面の画像

画像のように、その日に開催・投票できる箇所が会場別で表示される。

クリックすれば現段階で投票できる対象レースが出てくるので指示に従って投票することが可能。

ここで注意点。

テレボートは、対象の銀行口座の登録が必要。

投票に用いる舟券購入代金はもちろん、的中した際の払戻金を受けことに用いる。

対象の銀行がこちら。

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 広島銀行
  • スルガ銀行
  • じぶん銀行
  • ゆうちょ銀行

以上が対応している銀行なので、テレボートを開設する際は該当銀行も合わせて開設するようにしよう。

最後に、電話での購入方法もあるのだが・・・。

2019年2月19日(火)をもって、電話投票の新規会員募集は終了している。

これから始める人は、電話会員にはなれないので競艇場・場外投票場で直接投票。

もしくはテレボートを開設することをオススメする。

マークシートの記入方法

続いて、競艇場・場外投票場で投票する際に必要なマークシートの書き方を説明していく。

マークシートに関しては、どの競艇場・場外投票場でも多少の誤差はあるがほとんど同じ書式となっている。

競艇のマークシート画像

※ながしは、フォーメーションと同じなので説明は省略する。

マークシートは大きく分けて上記の3つ。

開催場によっては、単勝のみ別枠のマークシートが用意されている場合もあるので単勝予想する際は注意してくれ。

それを踏まえて・・・まずは簡単にフォーメーション・ながし・ボックスについて説明しよう。

  • フォーメーション
    複数の軸で流す買い方。
    1着と2着に入りそうな艇は予想できるが、3着に入りそうな艇がわからない時などに用いる
  • ながし
    1艇か2艇を軸にして広く買う方法。
    実力差が目に見えてわかる時などに用いる。
    1艇もしくは2艇の軸を決めて、3着は軸以外全てを購入する方法が一般的。(総流し)
  • ボックス
    選んだ全ての艇で1着・2着・3着の組み合わせを全て買う買い方。
    3着以内に入りそうな複数艇は選べたものの、着順が分からないときに使われることが多い。

それを踏まえても、競艇で最も利用されるのは通常投票用だろう。

まずは通常用の書き方から。

マークシートの記入方法画像

  1. まずはレース番号を記入
    (予想したいレースの番号のみを塗りつぶす)
  2. 予想するレースの開催場を塗りつぶす
    (複数の会場を同時に購入するのは不可)
  3. 予想する式別を塗りつぶす
    (2段になっているが、上と下で違う式別を記入する事は可・同じ枠内では不可)
  4. 予想する式別にあった予想を記入する。
    (通常用ではフォーメーションなどの買い方は不可)

となっている。

今回私がふった番号通りに記入すれば漏れることはないと思うが、記入漏れやミスがあった場合投票機のタッチパネルで手動入力する羽目になるので、できる限りミス・漏れはないようにしよう。

続いてフォーメーション用マークシートの記入方法を見てみよう。

フォーメーション用マークシートの説明画像

フォーメーション用マークシートもほとんどの箇所が通常用と変わらない。

変わるところは・・・4番の組み合わせ欄が1着・2着・3着をそれぞれ任意の数記入できる。

例えば1着は4と5を塗りつぶし2着は1のみ。3着は1〜5まで塗りつぶすなど。

こちらも漏れ・ミスがあれば手動修正しなければならないので注意してくれ。

では最後にボックスの説明をしよう。

ボックスは、フォーメーション用マークシートで記入ができる。

記入方法は至って簡単なのだが、任意の艇番を塗りつぶし1点当たりの投資額と単位を塗りつぶすのみ。

書面だけ見れば難しそうにも思えるが、一度記入すれば慣れるので安心して利用してくれ。

払戻金を受け取る方法

ここまで、舟券の買い方について説明してきた。

だが、競艇の予想をするのに最も大事なのは・・。

的中した舟券で払戻金を手に入れる方法だよな。

いくら当たったからと言って、払戻金を受け取る方法がわからなければお金は手に入らない。

ということで、払戻金の受け取り方なのだが・・・。

発券機で受け取る方法と有人カウンターで受け取る方法がある。

有人カウンターは、中にいる人に声をかけ的中した舟券を渡すだけ。

とっても簡単だ。

次に発券機で払い戻す方法について。

こちらも非常に簡単ではあるが注意点もある。

基本的に払い戻す機械と舟券を購入する機械は同じ形をしているのだが・・・。

販売専用機と販売・払戻しがどちらもできる2通りの機械がある。

販売専用機では払い戻すことができないので肝に銘じておいてくれ。

それを踏まえて払い戻す方法は・・・。

払戻方法の画像

  • まずは赤丸1に的中した舟券を挿入する
  • 画像中央の画面に払戻しの詳細が出る
  • 内容が正しければ緑丸2の[支払精算]を押す

たったこれだけ。

非常に簡単且つ1度に20枚まで挿入可能なので、たくさん的中して一気に払戻す快感を味わってほしい。

オススメの買い方はこれだ!

ここまで、競艇で予想をするための方法を公開してきた。

これだけわかっていれば、舟券を買うことに躊躇いは消えると思う。

では、最後は私が長年行ってきた予想する際のコツを伝授したい。

参考になるかはわからないが目を通してくれ。

まずはなんと言っても的中率重視!

競艇の初め方は人それぞれ。

知人からの誘い・TVCMを見て興味を持った人・会社の付き合い・暇つぶし。などなど。

だが、ギャンブルを初めた以上誰もが求めるもの・・・スリルと利益だろう。

その2つが同時に叶う予想方法と言えばやはり3連単なのだが。

初心者が、競艇のセオリーなどを把握する以前に予想してもまず当たらないだろう。

当たらなければ面白くないと思うのが当然。

だったら、まずは3連単で高配当を狙うより、着実に的中率を伸ばす方法がある。

それは・・・複勝式で予想すること。

複勝式は、1着もしくは2着に入る選手を当てる券種なのだが、6艇出走の競艇では3分1の確率で的中することになる。

的中率が高い以上、配当が低いのは言うまでも無いが的中する喜びを知るためにはまず複勝式で予想することをオススメする。

ちなみに、複勝式で予想する時のコツは・・・イン2艇を買い目に選ぶ。

これは、複勝式に限らずなのだが・・・。

競艇はインコースが強いというセオリーがある。

その理由としてあげられるのは。

  1. ターンマークまでの距離が最も短い。
  2. 引き潮の影響を受ける回数が少ない。

などなど。

有利な要因が多々あるのだ。

とはいっても、インが必ず勝つというわけではない。

競艇場はそれぞれに独自の特徴があれば、得意な選手・不得意な選手もいる。

あくまで予想をする際の参考程度にしてくれ。

競艇予想の心得

最後に、競艇の予想をするなら絶対忘れるな。ってことが1つだけある。

それは・・無理のない予算内で楽しむこと!!

競艇というギャンブルは、当たれば当たるほど面白くなってきてしまう。

だが、欲が出れば出るほど当たらなくなるのもまた事実。

ついつい熱中してしまうのは100も承知だが、熱くなりすぎずに楽しむことを忘れずに。

LINE公式アカウントについて

競艇・ボートレース予想総合研究所ではLINE公式アカウントからも情報を提供しています。

主にLINE公式アカウントでは私が日々収集しているデータを参照し、勝率80%以上の条件が整ったレースの無料予想が公開された場合にお知らせしています。

そこをピンポイントで狙い撃ちしていけば、必然的にあなたの勝率も上がっていくでしょう。

現状、私がこれまでにLINE公式アカウントでお伝えした無料予想の的中率は84.2%です。

もちろん、不的中になることもありますが、それでも安定してプラス収支を維持できる水準には十分なっているかと思います。

サイト同様、LINE公式アカウントも全て無料で提供しているので、是非、一度お試しください。

LINEで「@yqo5632z」をID検索をするか、以下から友だち追加をお願いしますm(_ _)m

※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。